女子高生と20代夫婦との接点明らかに 2年前 SNSで知り合ったか

3日前から行方不明になっていた東京・墨田区の高校3年生・鷲野花夏さん(18)の遺体が、31日未明、山梨県内で見つかった。

今回の事件だが、鷲野花夏さんは8月28日の午後3時半ごろ、母親に「友人に会いに行くすぐに戻る」と言って家を出た。

そして、帰らぬ人となったわけだが、東京・墨田区に住む18歳の高校生の花夏さん。
群馬・渋川市に住む27歳の小森章平容疑者(27)。
その妻である小森和美容疑者(28)。

この3者、住むところも年齢もかけ離れている。

一体どのような接点があったのだろうか。

事件の最新情報について、捜査本部がある向島警察署から竹俣紅キャスターが中継でお知らせする。

容疑者の夫婦が向島警察署に入って、およそ5時間がたった。

31日午後4時現在も、取り調べが行われているものとみられる。

逮捕された夫婦と女子高生の関係が徐々に明らかになってきた。

死体遺棄の疑いで逮捕された小森章平容疑者と妻の和美容疑者は、鷲野さんが行方がわからなくなった3日前に3人で会う約束をしていたことが新たにわかった。

和美容疑者が女子高生に対し、「3人で話し合いましょう」などと呼び出したという。

調べに対し、和美容疑者は「鷲野さんと夫が親密だと思い、会わないでくれと鷲野さんに言った」などと話しているという。

鷲野さんと小森容疑者は2年前にツイッターで知り合い、連絡を取り合っていて、そのやりとりを和美容疑者が知ったとみられている。

警視庁は、事件の動機のさらなる解明を進めている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

Posted by aki